埼玉県狭山市の自動車整備工場、FTECコーポレーションが、主に特殊整備にカテゴライズされる業務内容を紹介するブログです。

スカイラインのフロア補強

スカイラインGT-R(BNR32)に補強パーツを取付けました。
積載車でサーキットに運んでスポーツ走行を楽しむクルマです。
商品名はフロアサポートバーといって、2WD車(HCR32)と共通です。


アルミニウム製なので、この手の部品としては軽量な仕上がりです。

もういくつかフロアとの結合箇所を増やしたいところですが、穴あけをためらうユーザーの存在をメーカーは無視できなかったのでしょう。側方から見ると、後席足もとのフロアに合わせた形状になっています。

.
写真はフロント右側取付け部。

・ 穴開け
・ 面取り
・ シャシーブラック塗布
・ シリコンコーキング施工

の順番で作業します。


これは、左リヤ部分です。
ステーに溶接されているナットはHCR32に装着する場合に使うもの。


右リヤ部分。後方のブーメラン状の補強と供締めにする構造です。


このままでも、効果を体感することができました。
さらに欲を言えば、エンジンメンバーと連結させたいところ。


例えば、このような方法で。(下の写真は他車種のもの)




実際、後継車種であるスカイラインGT-R(BNR34)には、同様の補強が施されています。自動車メーカーも目の付け所は同じということですね。
BNR34 リヤメンバー補強ステー
BNR34 フロアトンネル補強サポート



BNR34 フロントクロスバー


いずれの部品も、量産性とコスト面の配慮がゆきとどいた設計です。

BNR34用の部品をBNR32に流用することも不可能ではありませんが、鉄とアルミを剛結させる方法には慎重な配慮が必要になります。こうした改造は、重量増に見合う利益を確実に得られるように推進することが肝要です。